Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/izumoricco/www/nponote.org/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/izumoricco/www/nponote.org/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
これは悩む!【保険見直しのタイミング】 | お肌も心も交差点
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/izumoricco/www/nponote.org/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

アラフォーを楽しむ

これは悩む!【保険見直しのタイミング】

WRITER
 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/izumoricco/www/nponote.org/wp-content/themes/elephant3/single.php on line 68
この記事を書いている人 - WRITER -
子育て&仕事に追われるアラフォー。現在の職業は、事務の仕事に加え、ホームページ作成やWEB記事作成など。 もともとは介護福祉士であり、転職のタイミングを密かに狙っている。 普通のおばさんでありながら、ひとまわり年下の夫がいる。そのため、常に老いに怯えている。 楽しいアラフォー生活をテーマに、読者さまにも楽しんでいただける記事をお届けしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

生命保険の必要度・大切さというのは、若いころにはなかなかわかりませんでした。

高校卒業を機に、とりあえず親戚がやってる生命保険に入った(入らされた)のですが、

毎月の保険料がもったいないような気がして、結局解約。

年齢を重ね、結婚してから、「なんてもったいないことを!」と後悔しました。

何回聞いても、生命保険は難しいんだよね~

ゆきち

大きな後悔

保険料は、加入時の年齢によって金額が違いますよね。

若ければ病気等のリスクも低く、年を取れば高くなるわけで、

そりゃあ違ってきますよね。

それで、ここポイントなんですが、

若いときに安い保険料で契約していると、その金額で継続できるんですね。

(知らなかったよ~泣)

でも私のように、

「若いもん、元気だもん、保険必要ないもん、遊び資金優先!」と解約してしまうと、

年齢を重ねてから再度保険の契約する際に、保険加入料は高くなってしまいますね

そしてもうひとつ、不況のためか、ま~なんも得がない。

保険に入りながら貯金もできます、的なプランも色々ありますが、

ま~特にこれといって得がないんです。(まあ損得ではないですが…)

昔はよかったんですけどね~。今はどこも厳しいですね~。

保険屋さんA

・・・・・・

ゆきち

一番初めに契約していた生命保険をそのまま続けていたら、

安い保険料で継続できていて、貯金部分もたまっていただろうに。

なぜ、当時そのことを知らなかったのか!

タイムマシーンで20数年前の私をとっ捕まえて、こんこんと説教してやりたい。

「遊ぶ金があるなら、貯金と保険にまわしなさい!」と。

結婚であせる

私の旦那はひとまわり年下です。

30台半ばの私は、20台前半というヒヨコちゃんの旦那と結婚したわけなので、

ヒヨコちゃんはもちろん、生命保険など入っていませんでした。

生命保険?入るの?お金かかるよ~。
オレ若いし元気だし、保険必要なくね?

旦那

(どこかで聞いたような台詞だが・・・)オーマイガー!

ゆきち

このシチュエーションで、身ごもっている私は専業主婦となり、

ヒヨコちゃん一人のお給料で生活しながら、どうやって保険に入ろうか、

いや払っていけるのか、とそれはもう悩みました。

そしてとりあえず、安い掛け捨ての生命保険に加入しました。

 

出産してからあせる

子供を産むころになると『学資保険』なるものの存在を知りました。

(私は裕福でなく育ったため、そのようなものには縁がなかったのです。)

出産後すぐに学資保険に入ることはできなかったのですが、

私が仕事に復活し、家族の保険と貯金のために頑張ることになりました。

と、ここまではよかったのですが、この保険の選択が、

いま思えばとても甘かったのです。

近所の○○局に行った際、待ち時間に保険のパンフレットを

手に取ってしまったんですね。

保険をご検討ですか?いいプランがあるんですぅ~!(ニヤニヤ)

ベテラン局員

まんまとロックオンされてしまいました。



保険に加入する

ベテラン局員さんのプッシュはすさまじく、無知な私は子供の学資保険と生命保険

私と旦那の生命保険、合わせて4つの保険に加入しました。

本来なら、他の保険屋さんのプランを調べたり比べてみたり、

家族に合った保険であるかを見極めなければいけなかったのですが、

お友達のように接してくるベテラン局員さんに押し切られるように、

加入してしまいました。

田舎あるあるなのでしょうか・・・トホホ 泣

保険の見直し

以前から入っていた保険にプラスして、4つの保険に加入したため、

子供3 + 旦那2 + 私3 = 8つの保険に入っていたのです!(驚‼)

私が仕事に復帰したとはいえ、毎月の出費の中で

生命保険料が占める割合が大きすぎるのでは?

そして、そもそもこれ全部必要なのか?と心配になりました。

そこで、保険の診断ができる保険屋さんに相談しました。

率直に言いますと、いろいろなご家族の平均から考えると、ちょっと入りすぎかなぁという印象ですね。
ここまで必要ないかなと思いますよ!

保険屋さんB

え~~~、やっぱり・・・。

ゆきち

特にこの保険(ゴリ押しされた○○局のプラン)はあまりメリットが感じられない割に金額が高いかな。
これが今のゆきち様の生活状況に合ってないというか、一番必要ないように思います。
それと、重複した内容のは2つも3つもなくても大丈夫かなと思いますよ。
もちろん何かあった際に保証が大きくなりますが、掛け金も高くなりますのでね。

保険屋さんB

(ふむふむ)では○○局の保険は全部解約しようかと思いますがどうでしょう?

ゆきち

他の保険に変えられるのはいいと思うのですが、お子様の学資保険はいまいじってはダメです!
学資保険はこのままにしておきましょう!

保険屋さんB

自分なりに調べたのですが、○○局の学資保険は戻り率が良くないと聞いたのですが・・・

ゆきち

それでも今の時代、学資保険をまた契約しなおすこと得ではないと思います

保険屋さんB

(ふむふむふむ)わかりました。
夫婦の保険で必要ないものを解約して内容にあった保険に変えます。
それと、重複した内容の掛け捨ての保険は解約にします。

ゆきち

この選択で、保険の数は5つに減り、毎月の保険料も安くなりました。

何より一番良かったのは、プランの内容を自分に合ったものにしたことです。

安心の無料保険相談なら【保険ニュース】

さいごに

生命保険って、やっぱり入っていたいです。

家族の誰かが病気や事故に遭ったら、入院したら、亡くなったら・・・。

私や旦那が働けなくなったら、子供の生活は?と不安があるからです。

けれど、もしもの時に備えすぎて、今の生活がままならない状態では

幸せな生活とは言えません。

家族の形に合った、納得できる保険に入っておくために、

保険の見直しは大切ですね!

いま加入している保険に不安を感じたら、そのタイミングを見逃さず、

また保険の見直しをしようと思います。




この記事を書いている人 - WRITER -
子育て&仕事に追われるアラフォー。現在の職業は、事務の仕事に加え、ホームページ作成やWEB記事作成など。 もともとは介護福祉士であり、転職のタイミングを密かに狙っている。 普通のおばさんでありながら、ひとまわり年下の夫がいる。そのため、常に老いに怯えている。 楽しいアラフォー生活をテーマに、読者さまにも楽しんでいただける記事をお届けしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お肌も心も交差点 , 2018 All Rights Reserved.